男心と妊婦の空★初出産へ★~夫からの視点~
ようやく我が家にも待望の“ジュニア”誕生か!初出産準備に戸惑うことばかり!大丈夫か!サミュエルーー!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    
緊張の妊娠報告
2006年12月11日 (月) 15:44 | 編集
 つわりの話は一旦お休みをして。
今回は「妊娠の報告」の時のお話しを。

 それは、妊娠6週目を過ぎ病院で二度目の診察を受けた後のこと。
    

一度目の診察の一週間後、病院で二度目の診察を受け、
無事に育っていることの確認がとれ一先ず安心の二人。

そんな時、妻から考えてもいなかった質問が。
 『いつ両親に報告をする?』

 『あ!』

 これまで二人の問題だったことが、
報告することで一気に親や兄弟たちを巻き込むのかと思うと、
急に現実味がおび、変な緊張感が・・・。

 『もう少し体調が安定してからがいいかな。』
と初めは言っていた妻ではあったが、
あまり調子の悪そうな姿を親に見せて気を使わせるよりは、
いっそのこと報告してしまったほうがいいかも、ということに。

善は急げ(?)ということで、その日の夜に電話で報告をすることに。

しかし、時間が経つにつれ二人に緊張感が・・・。
夜まではまだもう少し時間がある・・・。
     カッチカッチカッチ・・・・・


 ドキドキ・・・・・

  
さあもういい頃かな。電話しようか・・・。

まずは私サミュエルの実家に電話。
       プルルル・・・・プルルル・・・・


FC2ランキング←他にもたくさんの妊婦ブログあり。

【『男心と妊婦の空★初出産へ★』関連のショッピングはこちらから】


 ガチャ!

電話に出たのはでした。

 『あ~、俺。あ、あ、あの。アレなんだけど。実はさ・・・』
思わずかんでしまうサミュエル。

 『え!ちょ、ちょ、ちょっと待って。お母さんに代わる。』
突然の報告にうろたえる父。

あの厳格だったはずの父が・・・。

やはり男とはそういう生き物なのか。
というか、父子とはそういう時のリアクションまで似るものなのか。
嬉しいやら悲しいやら。

その後、妻にも電話を代わる。
妻は緊張していたが、無事に報告できたようだ。
やはり義理の両親への報告は緊張するものなんだろう。

そういう私も次第に緊張感が高まり、
手のひらには薄っすらと汗が。

 ドキドキ

続いて妻が自分の実家へ電話を。
     プルルル・・・・プルルル・・・・ガチャ!

 『あ~、私。んとね・・・・・』
母が電話にでたようだ。

 ドキドキ

妻はさっきとは打って変わり緊張感も無く、
聞いていると、随分とあっさりした感じで報告している。

 『うん、・・・うん。まあそういうことで。じゃあね。またね~。』

 ガチャ!プープープー








え! 












切っちゃった・・・?
“サミュエルパパ”からの報告は・・・?
こんなに緊張して待っていたのに・・・。

 『あれ?話したかった?』

こちらもあまりに似ている母子。
二人とも“竹を割ったような性格”の母子。

 『わかった、わかった。電話するから。泣くな。』
 『(泣いてないっちゅーの!)』

改めて妻から電話。


 ドキドキ


再び緊張感が。
緊張の中、電話を代わりサミュエルからも挨拶と報告をすると、

 『うんうん。まあ二人で頑張って!じゃあね~。』
       

 ガチャ!プープープー


 ・


 ・


 ・


   
お、お、お義母さま・・・。
一人で緊張していた私がバカでしたか・・・。




か、か、かあちゃん。
ご飯にしようか・・・。
  



いや、風呂入ってくるわ・・・。
  



くじけるな!明日からも頑張れ!サミュエルーーー!

FC2ランキング←応援お願いします。

【『男心と妊婦の空★初出産へ★』関連のショッピングはこちらから】
スポンサーサイト
    
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。